ホテヘルのモニター確認について

ホテヘルとは受付のある無店舗型ヘルスで、お客さんは受付で女性を選んで支払いを行いますが、そちらではお客さんの様子をカメラで映しています。そして、その映像は女性の待つ待機部屋にモニターされており、どういったお客さんがやって来たかがわかるようになっています。

ホテヘルで働く女性は誰もが身バレを恐れているものですが、モニターでチェックすることで、どういったお客さんが来たのかがわかるのです。そこで、自分の知っている男性がお客さんとしてやって来た場合、NGを出すことができます。これによって身バレのリスクを避けることができるのです。そして、問題の無いお客さんだった場合、そのまま接客をすることになります。

同じ無店舗型ヘルスであるデリヘルではシステムが異なります。デリヘルの場合は受付がありませんのでお客さんが先にラブホテルへチェックインし、そこからお店に電話をして女性を派遣してもらいます。そのため、お客さんをモニターチェックすることができません。ラブホテルで対面して、お客さんが知り合いというシチュエーションも考えられます。しかし、ホテヘルであればモニターチェックがあるので、身バレのリスクは低いでしょう。